🏔️

在留資格変更申請

申請前注意事項

’エクスプローラー’を使用した場合エラーになる可能性があるので、’GoogleChrome’または ′safari’を使用してください
*在留資格を変更する場合は、韓国での滞在資格(ビザタイプ)の変更を申請します。
D4(語学研修)→D2-2(学士) D4(語学研修)→D2-3(修士) D4(語学研修)→D2-4(博士)
その他のビザ → D-2
その他のビザで、D-2に変更するためのガイド (출처: 외국인유학생 사증 발급 및 체류 관리 지침)
가. 유학(D-2)자격 일반❍
(기본원칙)
외국인 등록 후 국내에서 합법적으로 체류 중인 장기체류자에 대해서는 자격변경 허용, 단기체류자(B, C 계열 자격)에 대해서는 원칙적으로 자격변경 제한. 다만 아래의 경우 예외적용
등록외국인중
기술연수(D-3), 비전문취업(E-9), 선원취업(E-10), 기타(G-1)자격 소지자는 자격변경 제한
단기체류자
중 아래 국가 및 자격 소지자는 예외적으로 허용 ⅰ) 법무부장관 고시21개 국가 및 중점관리대상 5개국 국민을 제외한 일반국가 중 B1/B2, C31/C34 자격 소지자로 입학 예정인자
※ 단기체류자 중 순수 및 단체관광(C-3-2), 의료관광(C-3-3), 일반관광(C-3-9) 자격 등 단기방문 소지자는 국적에 관계없이 자격변경 제한
ⅱ) 법무부장관 고시 21개국 및 중점관리대상 5개국가를 포함한 모든 국가 국민 중 C38 자격 소지자
ⅲ) 위의 요건에도 불구하고 이전 국내에서 유학자격으로 체류하였던 자(휴학생 등)가 단기로 입국하여 유학을 지속하기 희망할 경우 등 단기자격으로 입국하여 자격변경이 인정되는 경우 국익․인도적 사유를 고려하여 예외적으로 기관장 재량으로 허용
고시 21개국가 + 중점관리 5개 국가:
ベトナム、中国、インドネシア、ガーナ、ナイジェリア、ネパール、ミャンマー、バングラデシュ、モンゴル、スリランカ、ウズベキスタン、ウクライナ、イラン、エジプト、インド、カザフスタン、キルギスタン、タイ、パキスタン、ペルー、フィリピン、ギニア、マリ、エチオピア、ウガンダ、カメルーン
申請する前に、ビザの種類と国籍が上記の26か国に属しているかどうかを確認してください。 上の表の「X」に該当する場合は、Hirevisaで在留資格変更申請することはできません,直接入国管理局に行く必要があります。

申請手続きのご案内

1. 下の Applyボタンを押して書類をアップロードしてください。 2. 追加書類が必要な場合、ハイヤービザからの指示に従って追加書類を準備してください。 3. すべての手続きが完了すると、変更許可書確認書がメールが送られます。
変更許可確認書ファイルは法的効力を持っています。
4.
約一週間後、外国人登録証·許可確認書を持参し居住地管轄の出入国管理事務所をご訪問頂けば 新しいRCの受領が可能です。(後日メールにてご案内致しますのでご安心ください)
※Hi Koreaの訪問予約は不要です。

必要書類のご案内(詳細については、「▶」ボタンをクリックしてください)

必須書類:
1. パスポートのコピー
2. 外国人登録証のコピー
3. 証明写真
4. 標準入学許可書
5. 居住地の確認書(▶ を押して必要なファイルをダウンロードしてください。)
その他の選択書類: (状況に応じて補完リクエスト差し上げることがあります。)
授業料納付証明書
最終学力証明書
GKS奨学生の場合、GKS奨学証書を準備してください。

HIREVISA Refund Policy 💸 (👈 click)

Q&A FAQ

TOP